FC2ブログ
30

鳥居みゆき考 2009

こんばんは。
水鼠です。

今年を終えるにあたって
今一度、鳥居みゆきさんについて考えてみたいと思います。

確か昨年の今ごろは
来年はどうするんだろう…?

なんて声が聞かれましたが
いざ蓋を開けてみると

新たな方向性をいろいろ見せてくださいました。

ネタの方では
活弁師や
今や鳥居さんイチ押しであろう
漫談家『南アルプス鳥居』
今までの『まさこ』のイメージが存分に生き
一般の人があっと驚く変化球に仕上がり
(王道の漫談が変化球というのが、
鳥居さんの特異なところでもある)


それ以外のところでも
『夜にはもっと深い夜を』を出版し

今まで名前は知ってたものの
特に気にもとめてなかった
作家にまで、今までの認識を改めざるを得ないインパクトを与えたようで。

(※私自身は、よりもっと凄い物が書けると
期待していたため、辛口の意見を挙げさせてもらいました)


まぁいろいろ勝手に想像すると
いわゆる一般の視聴者が
南アルプス鳥居を見て

『ふ、普通に喋ってるw』とか

『夜にはもっと深い夜を
』を読んで

うわ、こんな凝ったもん書けるんだ…とか

昨日の出川さんみたいに

『うわ~ちょっと何この本怖いよ…』みたいな反応は

おそらく
しめしめ…と思ってるはずなんですよね(笑)

実は狙い通りというか…
逆に
鳥居さんのファンやなんかには
鳥居さんに対するハードルが
どんどん上がってくるから

時にはスカしてというか
この前のイロモネアみたいな…

考えすぎか…(笑)


ただ
テレビでの立ち回りは
だいぶわかってこられたというか

上手くなった感じがします(私なんぞが言うのはアレですが)


ただ正直、表面的には
やっぱり以前ほどの
地下の世界のイメージは
少し薄れた感じはします。


今までアングラのイメージが強く、地下に帰りたい発言もありましたが
なんだかんだ諸々、踏まえて考えると

やっぱりメジャー指向は
随分と前からあったでしょうね。

テレビに出られないのに
アングラ気取って、大きな口を叩くのは
嫌いみたいなことを以前言われてたそうですし…

ただ
自分を卑下される方でもありますから
おそらく自分を含めて
言ってたのだと思います…。

私なんて…と
諦めてたところに
突如スポットライトが当たった…という感じでしょうか。


そして、いろいろな経験を
テレビでするようになって
ファンも獲得し

順風満帆、最近は以前より精神が安定して見えつつも
GETライブのネタ終わりは


受けようが受けまいが
過呼吸になってしまう鳥居さん。


文字通りの全身全霊。
安定しているように見えて
他の人が思ってる以上に
心の闇は深い


月光音楽団で
他人を束縛するという
西野カナに

『だって、他人だよ…!?』と声をあげる鳥居さん。


他人は他人、所詮自分とは違う
それをしっかりわかったうえで

『やっぱりひとりは寂しい…』

という気持ちが強く。

かと言って
別の日には

人間そのもの(他人)がうざかったりする…


『人間嫌いの寂しがりや』


だから
自分のことを知って欲しいと思いつつ。


わかった風な顔するなよ!
本当にわかってんのかよ?

…と、相反する気持ちが同居してるから
雑誌のインタビューなんかも

ああいう感じなんじゃないかと…


あと

全てを知られたら
飽きられちゃう…なんて気持ちも
あるのかも知れませんね…

その二つの矛盾する気持ちを内封したまま
日夜、ネタにバラエティーに精進されてるんでしょう。



ひょっとしたら
そこに折り合いがついたのなら

芸人である必要も無くなってしまうのかも…と

考えてしまいます。





(※乱筆乱文失礼しました)
スポンサーサイト



comment

初めまして。
私も鳥居みゆきの大ファンです!
といっても、お恥ずかしながら鳥居さんの存在が気になりだしたのは、つい最近なのですが・・・・。
youtubeやニコ動で鳥居さんが出ている動画はほぼ全部見ました。一日に一度は鳥居さんの声を聞いていないと落ち着かないまでになってしまいました・・w芸人のライブに行ってみたいと思ったのは初めてです。
ですが、鳥居さんがこれから段々と消えてしまったりしないか、まるで親のように心配してしまうんです・・
今日このサイトを見つけたんですが、いくつか記事を読ませていただいて、とても客観的で、でも鳥居さんへの深い愛を感じました。
そして聞きたいのですが、2010年鳥居さんは、どうなっていくでしょうか?
私はやっぱりもっともっとテレビに出て欲しいです。
どう思われますか?

すみません、突然現れて、乱文失礼しました。
2009.12.31 23:52
流離のヌートリア
青さん>

2010年の鳥居さんについて
私の勝手な推測で、物を言うと

多分、あまりテレビでの露出は
今以上は増えないと思います。

やはり、ギリギリなところが持ち味の方ですから
出る番組が、ある程度限られるのは
仕方ないことだと思います。

かと言って、今以上にポップになりすぎるのは
今まで築いて来た鳥居みゆき像を壊してしまう恐れがあり
なかなか難しい物がありますよね。

最近の鳥居さんは、かなりテレビになれて来たとはいえ

やはり自分がやりたいことが出来る
ライブを一番大切にされているようです。

ただ私もそうなんですが
ライブ主体ですと、地方民はつらいんですよね(笑)

そのあたりの折り合いがつけば
一番いいのですが…

比較的、地方でも行きやすい
バトルライブは是非ともお勧めです。
圧倒的な存在感です。

なんだか返答になってないんですが(笑)
こんな感じです。

良かったら
引き続き、このブログを
宜しくお願いします。
2010.01.01 02:50
お返事ありがとうございます!

そうですね。

鳥居さんが実力を出せず、キャラをねじ曲げてまでテレビに出て欲しいとは思いません。

やはりライブを観にいくべきなのですね!
テレビで見たいなどと楽を言って、大ファンだなんて恥ずかしいです・・。歌手のライブも一度しか行ったことがないのですが・・・頑張りたいです。

本当に丁寧なお返事ありがとうございました。
鳥居さんには虚偽の中にある真実を感じます。
彼女の本当の面白さを吟味するには、こちら側にも好きだからといって嘘の心があってはならないのかなと思います。すみません変なことを言って・・w

これからも、秘かにヌートリアさんのブログ覗かせていただきます。↑って全然秘かじゃなくてすみません・・・
2010.01.01 04:28
流離のヌートリア


>これからも、秘かにヌートリアさんのブログ覗かせていただきます。↑って全然秘かじゃなくてすみません・・・

全然密かじゃなくて構いませんよ(笑)
2010.01.01 20:18

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://861788.blog33.fc2.com/tb.php/910-4fbcaeca