FC2ブログ
28

書評バトルを見て…

今回鳥居さんが出るということで
初めて書評バトルなる物を見てみましたが

運営のぐだぐだ感と
進行のリングアナのいっぱいいっぱい感

そしてアシスタントが事前に下読みしてなかったのか
読み間違えまくりのかみまくり
(鳥居みゆきが『とりゆみゆき』に聞こえるなど)


ゆる~~い感じの中番組は進んで行きます。

内容としてはニコ生で選抜された生主と芸人、声優も入り乱れ

ひとり3分の持ち時間で
自分の薦めたい本の書評(紹介)をするという物

鳥居さんはほとんど最後の方に登場

『ドグラマグラ』の書評をするのですが

書評というより鳥居さんの新ネタ(映像作品)といった感じでした。

ドグラマグラの不思議な世界感を匂わせるともとれる
いい仕上がりだとは思います。

思いますが、ニコ生主が生で勝負する中

ひとりだけ、ガチの全力で『録画映像』を使うのはどうなんかなぁ…と。


実際放送中のコメントでもそういう意見ありましたし

自分もそう思いました。


鳥居さんらしくていいとは思うんですが

なんか個人的にもやもやした物が残る放送でした。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://861788.blog33.fc2.com/tb.php/3116-5db0eeb1