FC2ブログ
22

故、鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~

私が、まず、このDVDを見て思った事は

この単独ライブ自体が
芸人としてと言うことだけでなく
人間、鳥居美由貴としての
『生きた証』だと、強く感じました。

今の時点での鳥居みゆきを全て出し尽くし
見る者を圧倒し、
なおかつ、観客をもライブの一部として同化させてしまう…

私は残念ながら、この単独ライブには行けませんでした。

2ちゃんねるのスレッドを覗きますと
当日、ライブに行かれた方々は
このDVDを見て、当時の震えるほど感動と
興奮が甦って来たと、口々に書き込んでいます。

私自身、このDVDを観て
あらためて、芸人鳥居みゆきの底力と
世界観、雰囲気に唸るしかなかったのですが、

正直、震えるほどの感動はありませんでした。

それは、残念ながら『部外者』だからなのです。

生の迫力が云々とか言う以前に
観客の方々は、あの現場に居たことにより
ライブの一部として同化しただけでなく

『芸人鳥居みゆきと人生の一部を共有』したのです。

ですから、ライブに行けた者と
そうでない者の間には、
目に見えない、鉄壁がそびえているのです。

あの瞬間、あの時間
あの場に居た者だけが味わえる喜び、特権があります。

今回DVDとして
この単独ライブを観ましたが

やはり、鳥居みゆきはライブ至上の芸人であると確信しましたし、

次の単独ライブには
どうしても、あの場に行くんだ!という
強い決意をさせる一枚になりました。

鳥居ファンにとって
鳥居さん自身が言葉で言う以上に
『ライブに来て下さい』を思い知らされると思います。

そういう意味においても
鳥居さんに感服です。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://861788.blog33.fc2.com/tb.php/259-87b89a77