FC2ブログ
25

久々に『再生』を観る。

なんとなく久々に『再生』を観てみました。

表面的にコミカルになった表現に、どうしても目を奪われがちですが

通してみると

ずいぶんと『前向きに生きる』ということが強調されてる気がしました。


『死』とか『殺人』とか
『食人』とかも出てくるんですが

それは『生』を語る上でのエッセンスに過ぎず
前作の『告別式』よりも
より一種の記号的に感じました。


『生』と『死』
表裏一体、背中合わせの相反するこのふたつ

鳥居さんは『生』のほうに大きく舵を切り
『死』は生を生々しく語るための道具として切り替えたように思えますね。


なんとなく
そんな事を思いました。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://861788.blog33.fc2.com/tb.php/2003-bee6a1a6