FC2ブログ
25

狂宴封鎖的世界 「再生」  を見ての感想など。


狂宴封鎖的世界「再生」 [DVD]狂宴封鎖的世界「再生」 [DVD]
(2010/11/24)
鳥居みゆき

商品詳細を見る








さてさて

昨日届いて、すぐに見た感想などを簡潔に書いてみようと思います。



以下ネタバレ注意
まず、全体的な感想は

前回の告別式に比べ、かなりコミカルでポップな仕上がりになっていますね。

狂気が薄れたぶん、雰囲気に圧倒されることはなくなりましたが

笑いどころが明確で、気楽に笑える作品になっています。


メインのストーリーが展開しながら

その合間にそれにちなんだショートコントなり

VTRがちりばめられています。



幼少から不遇な時代をすごしてきた、主人公のみゆきが

やっと幸せをつかむはずだった結婚式

甥を助けようとして、軽トラ(出会い系の宣伝カー)に跳ねられて

瀕死の重傷を負う…。


なんとも悲惨ながらバカバカしい設定

下半身がぺっちゃんこなみゆきは余命二時間。

それならば、結婚式を挙げて幸せなまま死んでやると式を強行します。



出てくる登場人物のキャラがとても濃くて

鳥居さんに負けてない演技で見るものを釘付けです。

しかし鳥居さんの演技を見ると、ほっとしますね。

けして上手くはないんですが

あの、節回しを聞くと落ち着きます。


正直、体操服と制服姿はチェンジという言葉がアタマをよぎりますが

まぁ、それなりの年令を重ねた…ということで。


メインのストーリーは、正直読めてしまうところがあったのですが

端々にちりばめられた鳥居節を楽しむのが、この舞台の醍醐味だと思います。


あの京劇の「ヤァ!!」と

出会い系の「みーるくみるくごっくん♪」は耳に残ってしかたありません。


言葉のリズムを重視する鳥居さんの目論見にまんまとはまった感じです。



全体的には面白かったのですが

なにか、こなれすぎてしまっているような印象を少し持ちましたし

鳥居ワールドというのはわかるんですが、この舞台だけではなく鳥居さんのネタの傾向から

どうせ、誰か死ぬんでしょ?とか

それともループ??見たいに読みやすくなっちゃってきてるのが、どうかな…と

なかなか難しいとは思うんですがね。



で。

特典映像の京劇の先生

あれは、ハピマンの特典を彷彿とさせて懐かしかったですね。

ああいうノリはキライじゃないです。





問題のポポタンの作りかた。

ポポタンの作り方を聞きに鳥居さんの家に行ったスタッフが

ポポタンを作る鳥居さんを待ってたものの…できあがったものが…


しれっと特典映像でとんでもないものを放り込んできた印象。

プライベートはタブーだと思っていた我々に

自宅を公開したうえに、スタッフに美味しそうな手料理を振舞うなんて…


こういうハズしかたって鳥居さん抜群に上手いですよね。

歓心しましたね、人の気を惹くのが得意というか改めて人たらしだなぁ…と。




全部見終わって

また鳥居みゆきという人間が、またまた気になるようになりました。

どうやら鳥居さんの術中にはまってしまったようです。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://861788.blog33.fc2.com/tb.php/1676-7850980c